富士山

富士山は静岡県と山梨県にまたがって位置する成層・円錐火山です。日本最高の独立峰であり、日本の象徴として古来より親しまれ、霊峰として神聖視されています。

標高は剣ヶ峰地点で3776m、日本三名山・日本百名山・日本の地質百選に選定され富士箱根伊豆国立公園に属します。

記録に残っているだけでも頻繁な噴火を繰り返し、最も新しい噴火は300年前になりますが、今なお観測が継続されています。

2013年に世界遺産に登録されたことは記憶に新しいはずです。




富士山について・概要

富士山の火口は、直径800mと大きく山頂付近の傾斜角は32~35度もあります。

白山岳・剣ヶ峰・三島岳・駒岳・成就岳・大日岳・久須志岳といった峰が火口を取り囲みます。

富士山の地質は浸透性であり、周辺の富士五湖・忍野八海・御殿場・三島や富士宮周辺に湧出する水源でもあります。

5合目まで自動車道が整備されているので、意外にもアクセスは容易です。

登山の人気シーズンは?

富士山への登山は山梨側が7月1日、静岡側が7月10日に開山し9月10までが登山期間となります。

5合目からは森林限界となり砂利地になるので、植物は希少で花が咲く時期もごく短期間です。

富士山は元々、登ること自体が目的となっているため、植物の開花時期では登山客の増減はないようです。

ただ、登りにくくなるので梅雨時期は避けたほうがいいでしょう。

この山の魅力

富士登山の魅力はここでは全て書ききれないほどあります。

まずは展望の良さが第一です。

八ヶ岳・奥秩父・南アルプスの山々が、ミニチュアのように小さく見えるのも富士山の展望ならではです。

そして、富士山に登る人の多くが「御来光」を仰ぐことを目的に来ています。

山頂にある浅間神社は、派手さはないものの、威厳が高く清らかな気持ちにさせてくれます。

富士登山に登ることの感動は、高山植物や観光スポットを楽しむといったものとは違う、格別な魅力があるのです。

登山のレベル

富士三の登山レベルは上級者向けで、かなりの体力が必要となります。

高齢者や障害者までが登る山ですが、それは富士山が日本のシンボルであることから、無理をして登っているケースも多いのです。

様々な安全対策は取られていますが、決して油断ができない山であることを自覚しておきましょう。

山頂付近の傾斜角度は32~35度という急斜面になるので、強い脚力を要求されます。

主な登山ルート

富士山の登山ルートは大きく分けて4つあり「吉田ルート」「富士宮ルート」「須走ルート」「御殿場ルート」となります。

登山ルートによって難易度もかなり違うので、自分の体力と照らし合わせて検討してみましょう。

吉田ルート

富士スバルライン五合目をスタートし山頂へ。

標高差1450m、総距離14㎞、所要時間登り6時間・下り3時間半。

初心者も多い代表的なルート。

富士宮ルート

富士宮五合目をスタートし山頂へ。

標高差1350m、総距離8.5㎞所要時間登り5時間半・下り4時間。

最短ルートになり傾斜もきつくなります。

須走ルート

須走口五合目をスタートし山頂へ。

標高差1800m、総距離13㎞所要時間登り7時間・下り3時間半。

登山者が少ないルート。

御殿場ルート

御殿場五合目をスタートし山頂へ。

標高差2300m、総距離17.5㎞所要時間登り8時間・下り4時間半。

距離、傾斜ともにもっとも過酷なルートです。

冬山登山はできる?

富士山の冬山登山は非常に危険であり、基本的には一般登山は7月の開山から9月の閉山までです。

関係者の調査によって山の状況を確認し、希望者に合否を告げます。

また登山許可が出た場合にでも講習を受ける必要もあり、装備やパーティの数など細かな指導がされます。

山小屋やトイレなども閉鎖されているので、超高山にアタックできる専門的な装備と技術、経験を要します。

実際に冬の富士山では多くの方が命を落としています。

厳寒期ともなるとエベレストに匹敵する危険度があるのです。

もちろん一般登山者では高すぎる難易度だといえるでしょう。

山小屋情報

富士山にはここでは書ききれないほどの多くの山小屋があります。

  • 東洋館
  • 場所:標高3000m地点
  • 電話:0555-22-1040
  • FAX:なし
  • 営業期間:6月30日~9月10日
  • 蓬莱館
  • 場所:標高3150m地点
  • 電話:0555-24-6515
  • FAX:なし
  • 営業期間:7月1日~9月10日
  • 元祖室
  • 場所:標高3250m地点
  • 電話:0555-24-6513
  • FAX:なし
  • 営業期間:7月1日~9月10日

まとめ

日本の最高峰でありシンボルでもある富士山は、毎年多くの登山者が訪れ混雑しています。

最近ではごみ問題など、環境破壊が問題視されています。

ここに登山マナーと環境保護を強く意識することも忘れてはいけないことです。

おすすめの記事